ブログ

感動する結婚式の余興

StockSnap / Pixabay

感動する結婚式の余興はどんな雰囲気の場所であっても楽しさと、嬉しさを湧き上がらせてくれます。結婚式の披露宴や二次会の演出は今や定番とされていますが、余興をする新郎新婦も多く一般的になりつつあります。新郎新婦から指名を受けることで、仕事や家族がいて忙しくて準備をする時間がないのに断ることができないというケースも見受けられます。余興をするにあたって準備をすることに負担が少なく、手軽にできる方法がありそれらを活用して結婚式を盛り上げていきます。

披露宴で余興を依頼されると、注意することがありますが出席するゲストの性質・年齢層などをしっかりと把握しておく必要があります。披露宴自体は新郎新婦の友達だけではなく、親族を始め職場の関係者などが集まるフォーマルな場所だからです。余興の内容が砕けすぎてしまうと、人によってはとんでもない結婚式だというイメージを持ってしまう人も出てきます。

自分に特技などがある時は余興でしっかりと披露する場面となりますし、例えば楽器のピアノやフルート・和楽器などです。ダンスや日本舞踊・マジックアートなども珍しく大変人気があるので、結婚式にふさわしい音楽やテーマを取り入れて演出してみます。準備に負担がないことが大前提となるので、すでに自分が持ち合わせている特技を活かしたものが良いです。よくあることとしては歌の披露があり、準備が簡単でただ歌を歌うだけということからきています。

新郎新婦への祝う気持ちが届くような曲を選ぶことがもっとも大切ですが、シングルや複数で行うにしてもカラオケ的なものにならないようにします。招待された人たちが知っているであろう曲や、クオリティのラインが高めなことが条件となります。歌の選曲だけにとらわれず、演出にも一工夫することで一層よく見えるケースもあります。新郎新婦のエピソードにちなんだ替え歌や祝いのフレーズを盛り込んだ歌などは、周りを盛り上げるムードメーカーになります。複数の人たちで余興を行う時は、前もって一緒に練習をする必要があり打ち合わせだけでも大変です。

笑いでいっぱいの結婚式におすすめの余興

Pexels / Pixabay

笑いでいっぱいの結婚式にしていくためには、涙・感動だけのものにするよりも充実した一面を見せてくれます。基本的に結婚式の時は、出会いから結婚に至ってのエピソードをビデオなどにストーリー的にまとめる演出があります。これは最近では一般的に行われているパフォーマンスで、ただエピソードを語るだけでは面白みに欠けるという人もいます。ここを笑いでいっぱいに変えていくこともでき、本当のエピソードとは違ったものを笑い担当としての司会者が語り始めるという方法です。昔話のような仕立てで話を進めていくことで、実際にはありもしないわかりやすい話で出席者も存分に楽しむことができます。そして、練りに練られたネタなので冗談だと気がつく人も多いので後からクレームとなることもありません。

ただエピソードを語っていくというスタンスもありですが、ビデオを使う代わりに出席者の前に立って新郎新婦に実演をしてもらうこともできます。オリジナルのシナリオを会場内や新郎新婦の座席近くで、演劇のように行うケースもありコントのようで笑いが沸き起こります。シナリオ通りに新郎新婦に動いてもらうこともできますが、衣装が汚れたりしない程度で行う必要があります。

新郎新婦はお互いに第一印象がよくなく、手ごわい相手だったというような面白みのあるエピソードで演出していきます。笑い担当としての司会者が語っているシナリオにそって、会場も笑いが沸き起こり大喜びとなります。シナリオの一部として、新婦が新郎に徐々に惹かれていく姿を演出することも笑いのポイントで老若男女楽しむことができます。笑いを意識しすぎて新郎に無茶振りをしすぎてしまうことは、ある意味楽しさでもありますが最終的にはしっかりとしたフォローをすることも必要です。無茶振りで終わり親族ともに変な雰囲気で終わらないように、冗談をしっかり受け止めてもらえる仕立てにしておくとしっかりとした余興を演出することが可能になります。